テレビのニュースなどで知った方も多いと思いますが、倉敷市在住の小比賀姫那ちゃん(きなちゃん)は、7ヵ月の時に拡張型心筋症の中の心筋緻密化障害と診断されました。この病気は心臓の筋肉が衰えゴム風船のように大きくなり、ポンプの役割を果たせなくなる原因不明で進行性の恐ろしい病気です。

今は倉敷中央病院のICUで一生懸命に生きています。
ですが日々進行している為…助かる手段は唯一、心臓移植しかありません。

移植の受け入れも簡単なものではないんですが、今回米国カリフォルニア州のロマリンダ大学病院から受け入れていただくことができました。
きなちゃんの様態を考えると1日でも早く渡米できるよう、みなさまの暖かいご支援、ご協力をよろしくお願いします。

くわしくは、「きなちゃんを救う会」のサイトへ
http://kina.kids.coocan.jp/ (パソコンのみ)


また当分のあいだ、倉敷駅前でも募金活動が行われます。